じゃりン子チエ

■概要
『じゃりン子チエ』(じゃりんこチエ)は、はるき悦巳による日本の漫画作品。大阪の下町を舞台にユーモアとペーソスをふんだんに織り交ぜて描かれた人情コメディ漫画として人気を博し、『漫画アクション』(双葉社)にて1978年から1997年まで、19年間の長きにわたり連載された。

■あらすじ
大阪の西成区萩之茶屋をモデルとした西萩地区を舞台に、自分でホルモン焼き屋を切り盛りする元気な女の子「チエ」と、彼女を取り巻く個性豊かな人々を描いている。

時間が進行していない物語で進んでおり(厳密には、小学5年生の1年間を延々とループしている)、これをネタにしたものとして、マサルが「来年は6年生になる」とノイローゼになり、新学期に「今年も5年生でいいんですか」と狂喜するエピソードが連載終盤に存在する。それ以外にも小ネタ的に登場人物が言及したり、壁の貼り紙で言及されたりしていた。

『朝日新聞』の「文芸時評」(1980年5月26日付夕刊)で井上ひさしが本作品を絶賛した。1981年春、アニメ映画化され(監督は高畑勲)、また2度に亘ってテレビアニメ化もされた。1997年の連載終了時には、『朝日新聞』社会面にその旨を伝える記事が掲載された。

単行本の発行部数は3000万部に達する

【Wikipediaより】


戻る
パチ&スロ原作情報
パチンコアプリPARK TOP



copyright
(c)パチンコアプリPARK